また手前味噌 vt750s1ヶ月レビュー

f:id:gaaaaaasu:20190905235122j:image
vt750に乗り換えて、もうすぐ1ヶ月になります。

大分慣れました。

通勤にも毎日使っています。

(通勤距離:市街地を片道20km)

 

幅広ハンドル(全幅870)ですが、数値的にはVanVan200とほぼ変わりません。

最近では普通にすり抜けしたり出きるようになりました。

 

元々少しでも前へ前へとすり抜けする習慣がないので、細身のバイクと比べると、やはりすり抜けはしにくい方だと思います。

 

僕がこのバイクに乗り換えて一番大きかったのはTDM850で身についてしまった大型バイクへのトラウマが払拭された事です。

 

立ごけへの不安から、もう一生大型には乗らないかな?と思っていました。

 

扱い易さの理由は、低重心で車体がとても安定しているのと足付き性の良さです。

 

安定性はオートバイの扱いが上手になったのでは?と思うほどだし、足付き性は安心感にものすごく寄与しています。

※最近実行しています。低速走行時には右足はスッテップに乗せて後ろブレーキをきかせるのが安定します。Uターンの時もしかりです!

Youtubeで大型バイクのUターンのやり方を何本か観ました、それでちょっと勉強したのです!!

 

車重について、よく「走り出せば重さは感じない」と聞きますが、このバイクはまさにそういった感じで、むしろ強風の時でも安定している恩恵を大きく感じる事が出来ます。

 

身長168cm弱の私が全く不安なく取り回せる足付き性は、駐輪スペースの出し入れ毎に楽だと感じています。

 

非力な方や女性では装備重量232kgは持て余す人がいないとは言えませんが、僕よりも小さな女性が、ハーレーや大型4気筒に乗っていたりするのをYoutubeで観ますと、vt750sではどれほど楽なんだろうと思ってしまいます。

 

オートバイは坂の途中でない限り、車体が地面と垂直に立っていれば、とても少ない力で押し引きする事が出来ます。

バランスさえ崩さなければ、重い車体もあまり気になりません。

 

10Lの燃料タンク

これはちょっと不満と言えば不満でしょうか?

VanVan200の航続距離とほぼ同じかそれよりも走り出ます。

VanVanはタンク容量が6.5Lで燃費は35~40km/Lでした。大体230kmくらい走ったかな?

 

vt750sの燃費は今の所ツーリングだと最高28km/L、通勤だと21km/Lが最低でした。

 

希望は航続距離300kmは欲しいですが、

ロングツーリングに行かない限り不満はありません。

ロングツーリングの時は携帯缶でも持っていこうかしら。

 

モリワキマフラー(車検対応)

最初は集合住宅内ではちとうるさいかなと思っていたけど、アイドリング時には靜なもので、回した時には心地よい音を効かせてくれます。

 

ここでプチカスタム紹介


f:id:gaaaaaasu:20190906213347j:image

スタンドの面積を大きくするパーツをAmazonで買いました。

何処かのブログで、nc750用とスタンドの四角形が同じだと書いてあって、それを信じて買ったら、もうバッチリでした。

 

でもスタンドの四角形の淵がちょっと裏返っているので(中古だからなのかもしれません)今一ネジが真っ直ぐ留められないのです。

※写真をよく見てみてください

 

Amazonの評価でも同じような症状の方がおり、この淵を削ったりしているようです。

 

僕はと言えば、ネジが効いていれば問題ないと思い、削る事はせずに、ネジの緩み留めとプラスアロンアルファをネジに流し込んでいます。

 

1000kmくらい乗っていますが今の所問題ないようです。

 

後ろシートはVanvanよりよほど小さく、キャリアもつけていいないので荷物はあまり積めませんね。

でもいまの所キャリアやサイドバッグサポートを就ける予定はありません。

少ないのなら積める荷物の量を減らそうと想っています。

 

あとは前オーナ-が着けていたETC、リアシートバックレスト、小ぶりなウィンドウスクリーンがついています。

 

僕は納車時にシガーソケットを着けて貰いました。

 

これで夢のバイクでETCだし、携帯でgooglemapを充電しながら使うことが出来ます。

 

ハンドル幅が広いと色々つける余裕がありますね。


f:id:gaaaaaasu:20190906215906j:image

ブレーキレバー、クラッチレバーも最初からアジャスタ付きになっていました。

 

写真には今は見えないHONDAのウィングマークが見えますね!!

 

今回のレビューというか、途中からバイク紹介になってしまいましたが、ここまでにします。