アウトドア「誰でもできる!キャンプは簡単!!」

「誰でも出来る!キャンプは簡単!」
2019/04/18 20:20
今はアウトドアブームですね。ブームを越えて、レジャーのひとつとして定着してるのではないでしょうか。

私も周りからキャンプやりたいけど「何から道具をそろえたらいいのかわからない」など質問をされる事がありますが、そんなに気張る必要は全くありません。

とりあえず、近所のキャンプ場に予約を入れてしまいましょう!
家の中から出て、屋外で1泊するだけで、それだけで気分が高揚して楽しいものです。
体験してみれば、何が必要かわかってくるものです。
「何が必要か?」と言うのも大げさです。何が自分は欲しいかがわかってくるのです。

なにも秘境の果て、周りには獣達がうじゃうじゃいるジャングルの中で夜を明かす訳ではないのです。これがなければ死んでしまうようなサバイバルをしに行く訳ではないのです。

ひたすら気楽に屋外での1泊を楽しみましょう!!
近所だったら、辛いと思ったら、家に帰ってテレビを見ても良いのです。

●それでもこれだけはと言えば、寝る場所の確保です。
まず一緒に行く人数分の寝る場所が必要です。

大人だったら50cm×180cm程度の平らな面積があればとりあえず大丈夫です。(もちろん身長によりますね。自分の身長+10cmあれば1晩くらい大丈夫でしょう。
立って半畳寝て1畳よりも狭い空間です。
なにも最初から高価なテントを購入しなくても全然かまいません。

もし自動車を所有しているなら、2人までなら軽自動車の中でも寝れるでしょう。あとは夜寒くならないように、家にある布団でも積んでいけばOK。寝袋を買わなくてもいいんです。これであなたもキャンプデビューです。
おしまい。

別にキャンプだからといって、お外で食事を作らなくたって良いのです。
コンビニ弁当だってかまわない訳です。

過ごし方だって人それぞれ。昼間はそこら辺をぶらぶらしたり、本を読んだり、夜までぼーっとして過ごして眠くなったら寝る。朝起きて家に帰る。だっていいのです。
なんなら食事は店ですませて、夜だけ家でないところで寝るだっていいのです。
楽しみでする事なんですから、人に迷惑をかけないのなら何でもOKなのです。

「キャンプ」をウェキペディアで調べてみると、「野外で一時的な生活をする事」だそうです。

キャンプ道具を買うのが大好きな私が言ってもあまり説得力がないかもしれませんが、そうなのです。
こんな風に考えれば、あとのすべてはオプションです。

とにかく気楽にお外で1泊してみましょうー!
それでももっと何かという事は「キャンプ」カテゴリーで徐々に記事にしていこうと思っています。